SAS

睡眠時無呼吸症候群

MEDICAL

ご自宅での簡単検査で早期発見・早期治療

SAS(睡眠時無呼吸症候群:すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)とは、睡眠中に何度も呼吸が止まった状態(無呼吸)を繰り返す病気です。この病気のほとんどは、睡眠中に気道が閉じてしまう閉塞型というタイプで、多くの場合いびきを伴います。適切な睡眠がとれていないことで日中強い眠気を感じたり、無治療のまま放っておくと生活習慣病を招いたり、悪化させるおそれがあります。健康な生活を維持するためには、早期発見、早期治療が大切です。

特徴的な症状

夜間頻尿

夜間頻尿

大きなイビキをかく

大きなイビキをかく

夜中に何度も目が覚める

夜中に何度も目が覚める

起床時に頭痛がする・頭が重い

起床時に頭痛がする・頭が重い

集中力や記憶力が低下した

集中力や記憶力が低下した

日中の眠気や倦怠感

日中の眠気や倦怠感

合併症リスクについて

睡眠時無呼吸によって生活習慣病にかかるリスクが増大します。

合併症リスクについて

検査方法について

手と顔にセンサーをつけて眠っている間の呼吸と血液中の酸素(濃度)の状況を調べます。少しわずらわしいと感じるかもしれませんが、痛みを伴う検査ではありません。安心して検査をしてください。専用の機器を使ってご自宅で検査していただけます。詳しくは下記の流れをご覧ください。

SAS簡易検査機器自宅配送サービスの流れ

クリニックへご相談

日中の眠気・睡眠中のイビキの症状を医師にご相談ください。

SAS簡易検査機器のお受け取り

SAS簡易検査機器を宅配便で、ご自宅(ご希望の場所)に発送いたします。

ご自宅での検査

SAS簡易検査機器に付属している手順書にしたがって検査します。検査回数についてはクリニックよりお知らせいたします。

SAS簡易検査機器のご返却

検査測定が完了しましたら、同封の伝票(着払伝票)を使用してご返却いただきます。検査機器到着後、7日前後で結果レポート出来上がります。

検査結果のご説明

検査結果を医師よりご説明いたします。

料金

SAS簡易検査

¥ 2,700 (税込)